名古屋の薬剤師の転職にはドラッグストアもあります

病院では組織の一員として働きます

日本でも4大都市に数えられる名古屋ですが、人口も多いですが医療関係の仕事や求人も多数あります。薬剤師の仕事もあるために、転職を通じて新しいチャレンジをしている人もたくさんいます。病院やクリニックなどの医療関係の仕事になりますが、大病院で働く場合には組織として働くことになります。周りの仲間とコミュニケーションをとりながら自分の仕事以外の雑用もこなすこともありますし、周りとの協調性を持っていることで上手くいきます。反対に上手くいかない人の場合には、どうしても自分の仕事だけだったり、転職を考えるのも周りとの協調性が掛けてしまうと人間関係にひびが入ってしまいます。名古屋の人は仕事に対してストイックに遂行する性格が多く、戦国時代から発展してきた商人や武士の気質が高いからだといえます。

マニュアルがあることで仕事ができます

マニュアルに沿って働くことになりますので、仕事の流れとしてはスムーズにすることができます。マニュアルがあることによって対応の仕方や、誰が入ってできるようになるために安心して仕事ができるのも特徴です。特に薬剤師の仕事は薬の知識はもちろん、経験にもと図いてアドバイスなどをすることがあるために、ある程度は一定のマニュアルに沿ってやっていくことがベストとなります。様々な患者さんを相手にすることになるために、クレームなどが内容に対することも大事です。特に高齢者には難しいことを話しても通じないことが多いので、自分はもちろんしっかりと周りとの伝達をすることで対応することができます。気の聞いた組織にすることで病院に対する評価も上がりますし、組織としてやりやすい仕事にすることができます。

ドラッグストアでの働き方もあります

薬剤師が転職をすることによってスキルアップをすることができますが、名古屋でも病院以外でドラッグストアに勤める人もいます。ドラッグストアは病院やクリニックなどの仕事内容と異なるのは、一般の人が薬を買いに来るということです。薬だけを購入するだけではなく、日用品なども取り扱っているために在庫整理をしなくてはいけませんし、商品を覚えることも多数あります。今までの経験から薬に対するアドバイスができますが、多種多様な対応をしなくてはいけないのが現状です。ただ風邪をひいているだけの人もいれば、他の病気と併用していることもあるために、アドバイスが重要な場合もあります。もちろん主治医がいる場合には相談をしてもらうことも必要ですが、その場での対処をすることが求められます。

ピックアップ記事一覧